聞いたことはあるけどよく分からないコンテナハウス!基本を初心者にも分かりやすく解説

コンテナハウスとは主に海上輸送で用いるコンテナを建物として再利用したもので、内外装を改装したうえで住居にしたり複数使って部屋を作ったりするなど色々な利用方法があるのが特徴です。
もともと海上輸送に使われているため塩害や雨風に強いのが特徴で、衝撃などにも強くリノベーションする素材という点ではうってつけといえるでしょう。
もちろん用途が変わるため建築物としての基準を満たしているかの確認は必要ですが、メリットも多いのです。

聞いたことはあるけどよく分からないコンテナハウス!基本を初心者にも分かりやすく解説

コンテナハウスを利用するメリットとして、建材費用が安く抑えられるという点が最も大きいです。
建材として利用できるものでも100万前後で取引されることが多いため、極論1室だけであれば、運んで設置すれば暮らせるというのがコンテナハウスの特徴です。
ただデメリットもあって特に熱がこもりやすいという特性があり、断熱材や空調を適切に使わなければなりません。
利用条件もあるので、初心者はまずは専門業者に問い合わせる必要があります。

まずはコンテナハウスの基本を見ていこう

コンテナハウスは、コンテナで作られた家のことで、これは貨物を輸送するために使う箱のことです。
外国では、海上輸送の時に使うコンテナを使ってコンテナハウスを作っているケースもありますが、日本国内でコンテナハウスを設置する場合は、輸送用コンテナをそのまま使うというケースはあまりありません。
建築基準法などの法律を守る必要があるため、専用の建築コンテナを利用するのが基本になります。
コンテナハウスのメリットは、とにかく工期が短いことです。
コンテナ自体は基本的に工場で生産しており、その完成品をクライアントの土地に運搬してきて設置するだけなので、非常にスピーディーに家が建ちます。
また引越しも容易です。
そのままトレーラーなどで運ぶことができますから、家ごと他の土地に移すことが可能です。
そして一般の住宅とは一味違ったデザインも人気の秘密でしょう。
四角い箱のような住宅でありシンプルでお洒落です。
カスタマイズ性も高く、いろいろなアレンジが楽しめます。

コンテナハウスには2種類のサイズがある

コンテナハウスを建設するときには窓などのために穴をあけたりしても、建築基準法をクリアする強度をしっかりと確保するために、建築専用コンテナを利用します。
これには20フィートと40フィートの2種類のサイズがあります。
ともにISO海上輸送コンテナの国際標準と同じ大きさ、形で、国際的に統一されているので、輸送コストを大幅に削減することができます。
20フィートは約6.1×約2.3×約2.6で約4.3坪(7.7畳)、40フィートは約12.2×約2.3×約2.6で約8.9坪(16.2畳)です。
どちらのタイプも幅と長さはそのままで高さだけを1フィート(約30cm)伸ばしたハイキューブコンテナだったり、オリジナルサイズもあったりしますがコストが高くなります。
コンテナハウスはこれらの2つのコンテナを利用して横に広くしたり、2種類のコンテナの幅と高さが共通しているため積み上げて階層を増やすこともでき、自分の希望にあったものを建設することができます。

コンテナハウスでは柔軟なデザインができる

コンテナハウスは比較的狭い場所でも建てることが可能で、1台だけでも数台繋げても土地の広さにあわせて自由にデザインして作れるのが魅力です。
例えば森林の中で建築して、隠れ家的な感じで制作出来ますし開口部を広げたり屋根の延長など、他にも景色に合わせて色を自由に変更したりと普通の住宅と違い、自分好みで変更出来るのも魅力です。
コンテナハウスは加工で組み合わせることが出来るので広い空間や2階建てなど様々な空間づくりが可能で、別荘・店舗・事務所・ガレージ、災害での避難場所など様々な用途で活用出来ます。
巨大な建材ですがアイデア次第でこれまで見たことがなかった建築物も作れます。
中には、コンテナハウス自体が無骨でカッコいいと感じる人も多く、自宅のガレージ・お店・オフィスなどで使われるのもそれが理由で、塗装・外壁を工夫すれば見栄えも簡単に変更出来てカスタマイズ性が高いのも特徴です。
普通の物でなくて、オリジナル性があって自分だけの居場所が作りたいときにも最適なハウスです。

コンテナハウスにかかる一般的な費用

最近テレビなどでも取り上げられるコンテナハウス。
スタイリッシュでお洒落で憧れがあります。
耐震性があり、防音効果にも優れています。
海外ではよく使用されており人気があります。
じわじわ日本でも人気が出てきたコンテナハウスですが、どれぐらいかかるのでしょうか? コンテナを置くだけだからコストパフォーマンスが良さそうなイメージですよね。
コンテナ本体の費用ですが、大きさやデザインによって変わってきます。
最低でも500万円程からです。
あとはキッチンやトイレ、お風呂なども必要になってきます。
基礎工事や配管内装と土地代も必要となってきます。
一般的には同じ、サイズのコンテナと比べると木造建築よりは高くなります。
ですが重量鉄骨と比べると安くなります。
80坪単価×19坪=1.520万円程が一般的な費用です。
あとは住宅と同じく内装や外装の大きさにより変動します。
なるべく安く家を建てたい方にはコンテナハウスはオススメです。

コンテナハウスに関する情報サイト
コンテナハウスって何?

コンテナハウスとは主に海上輸送で用いるコンテナを建物として再利用したもので、内外装を改装したうえで住居にしたり複数使って部屋を作ったりするなど色々な利用方法があるのが特徴です。もともと海上輸送に使われているため塩害や雨風に強いのが特徴で、衝撃などにも強くリノベーションする素材という点ではうってつけといえるでしょう。もちろん用途が変わるため建築物としての基準を満たしているかの確認は必要ですが、メリットも多いのです。

Search